転職体験談

弁理士Aさんの場合

経歴
メーカー勤務(開発部門→弁理士試験合格→知的財産部)。
転職の動機は?
広い技術分野における国内外の出願・中間処理をはじめ、他社との特許論争や審決取消訴訟を経験することができましたが、現状に慢心せず、外の世界も知ろうというチャレンジ精神で特許事務所への転職を決意しました。30代半ばで事務所経験がない事を懸念し、熱心かつ正確に指導してくれる点を第一に転職活動をしました。
プライムワークスの印象は?
HPの所員紹介などから、事務所の雰囲気を想像することができました。面接時のアットホームな雰囲気と、「しっかりと指導します」と言ってくださった森下さんの言葉が好印象でした。他の事務所も数カ所見学しましたが、一番自分に力を付けることができると感じ、入所を決めました。
転職後の感想、今後の展望は?
当初は右も左もわからず、どの仕事にも時間がかかってしまいました。特に、担当する技術分野と自分が経験のある技術分野が異なる時は、その技術を理解するまでに非常に多くの時間を要しました。
現在はだいぶ仕事にも慣れてきて、指導は受けながらですが、何とか業務をこなせるようになってきました。
プライムワークスに入って気づいたこと、成長できたことは?
一番痛切に感じたのが、「プロ意識」の必要性でした。企業の知財部時代は、特許事務所に仕事を依頼する立場でしたが、今は当然、逆の立場です。報酬に見合った、またはそれ以上のアウトプットを提供できなければ、お客様は離れてしまう。このプレッシャーは、予想よりも大きなものでした。一方、お客様に喜んで頂けた時のうれしさも予想以上。今後も「プロ意識」に磨きをかけ、仕事に取り組んでいきたいと思っています。

弁理士Bさんの場合

経歴
特許事務所で外内、内外の案件の翻訳と国内出願を担当。
転職の動機は?
翻訳の仕事の比重が高くほとんど外出もなかったので、発明者にインタビューして明細書にまとめる仕事を増やしたいと思ったのがきっかけです。
プライムワークスの印象は?
「特許事務所らしくない」と思いました。面接時、男性所員がカジュアルな格好でリラックスして仕事している姿を垣間見て、オシャレで颯爽とした町・代官山にある事務所なのに、そのギャップに驚きました。
仕事面では、弁理士として仕事をするなら、出願代理だけでなく訴訟やコンサルティングなどの多様な仕事をやってみたいと考えており、層の厚いクライアントを多く抱えるプライムワークスでは将来的にそのチャンスがあるかもしれない、技術の幅が広がるかもしれないと思い、入所を決めました。
転職後の感想、今後の展望は?
入所当初よりは処理能力も上がってきましたが、まだまだ力量不足。外部の研修を受けたり特許以外の知識もつけ、知力、能力ともに底上げして、生き残っていきたいです。とは言え、ワーク・ライフ・バランスも大切。通常量の業務を抱えながらも自己啓発に努めるために、物事にいかに効率的に・正確に取り組むかが目下の研究対象です。 また、特許事務所は企業人から見ると特殊な環境ですから、ビジネスマインドをどうやって磨くかということも課題です。企業勤めであれば同年代で管理職になっている人も多いですし、意識上の差をつけられないようにしないといけないですね。
プライムワークスに入って気づいたこと、成長できたことは?
森下さんが「言葉」に対する感覚が鋭敏な方という事もあり、「言葉そのもの」に対する興味が出てきました。言語学の入門書を読みながら、「これは発明の把握と似たような概念だ」「クレームの中で用語を規定することで、意味空間の一部を切り取ってくるのだな」など、自分の仕事内容に投影させると面白いです。弁理士は言葉を操る職業ですから、そういう視点も大事ではないかと思います。今回の出会いがなければ、こういった視点を持つことはなかったでしょうから、これはひとつの収穫といえるでしょう。

弁理士Cさんの場合

経歴
特許事務所にて長年の実務経験あり。
転職の動機は?
HPをみて事務所の体制や指針が自分の求めるものに近いと思ったのが応募へのきっかけです。
プライムワークスの印象は?
・IT系であるが、メカ/制御系の出願も多くてそれまでの実務経験を生かせる
・束縛感がなく自主性が尊重されるため、仕事へのモチベーションが維持できる
・設立から急成長をとげており学ぶべきところが多くある
・訴訟などの権利化後の実務も積極的に行っている
・様々な経歴の弁理士が集まっており、知識や経験を共有できる
・・・などと、とても可能性を感じました。
転職後の感想、今後の展望は?
入所後、チームリーダから仕事の割り振りがなされました。品質確保のため、当初は責任者によるチェックもよく行われましたが、次第に任せてもらえるようになりました。ある案件については、当初から鑑定、侵害等についてのコンサルテーションも担当しています。仕事の実績を上げればそれなりの対価は得られますし、仕事の効率を考慮して適宜在宅勤務も可能です。自己管理ができ、計画的に仕事を進められる人に向いている環境だと思います。
プライムワークスに入って気づいたこと、成長できたことは?
一般企業でも繁忙期と閑散期があるように、弁理士も技術分野によってその波が異なることが多いです。私はメカ/制御系で入所しましたが、専門分野の新件依頼が少ないときには、情報系など少し違う分野の仕事を回してもらうこともあります。

実務経験が長くても、違う技術分野を扱う場合はそれなりに時間がかかります。一方、近年の技術の趨勢に照らすと、あらゆる分野に情報処理の技術が絡んできているのも事実です。そのような境界分野がプライムワークスの得意とするところでもあるので、そうした波を吸収しつつ仕事の実績を上げていくため、幅広い知識と経験が必要になってきます。私の例で言えば、メカ/制御系ということで入所しましたが、専門分野の新件依頼が少ないときには、情報系など少し違う分野の仕事を回してもらうこともありました。

実務経験が長くても、違う技術分野を扱う場合にはそれなりに時間がかかります。一方、近年の技術の趨勢に照らすと、あらゆる分野に情報処理の技術が絡んできているのも事実です。また、そのような境界分野が当事務所の得意とするところでもあるようですので、今後はまずその辺を自分なりに補強していきたいと思っています。

Page top