商標

商標弁理士

「知財」とひとことで言っても、特許と商標は、性質や手続が全く異なります。

そのため、プライムワークスでは、ブランドを適切に保護するためには、商標専門の弁理士が必要であるとの考えから、商標とその関連分野については、これらを専門とする複数の弁理士が担当しています。

商標専門の弁理士・専門の事務員によるチームが、国内だけでなく、海外各国における登録商標の取得、権利を侵害する者に対する警告から侵害訴訟まで、広くサポートします。

外国業務

商標登録は、国毎に手続をする必要があり、自社で行うには相当の労力が必要です。

プライムワークスは、世界50ヶ国以上での出願実績があり、国内実務同様、世界各国での権利取得をサポートします。


弊所における外国出願の取扱実績・・世界50ヵ国以上(マドプロ含む)

外国で権利を取得するためには、2つの方法があります。
その2つの出願方法について、以下簡単にご紹介します。

  1. 各国出願
    権利取得を希望する国ごとに出願する方法です。日本と海外で同時に商標の使用を開始する場合、日本とは異なるブランドを海外で展開する場合や、権利を取得する国数が少ない場合(1、2ヶ国程度)に利用します。この方法の場合、各国の法律にあわせて願書を作成するため、権利取得の対象となるサービスの内容が複雑な場合であっても、適切に保護することが可能です。
  2. マドプロ出願
    一件の国際出願で同時に複数の国に出願する方法です。この方法では、商標が日本において出願されていることが条件になるため、国内で使用している商標を、その後そのまま海外でも展開する場合に多く利用されます。また、この方法は、3ヶ国以上で出願する場合に、手続の簡易さや費用の面でメリットがあります。ただし、すべての国でこの方法を利用することができるわけではないので(条約に加盟していることが必要)、権利取得を希望する国によっては、この方法は選択できません。

いずれの方法で出願すればよいかについてのご相談も承ります。

取扱分野

取扱分野は全商品・全サービスです。
(弊所で特に取り扱いが多いのは以下の分野です)

  • パッケージソフトウェア
  • ファッションブランド
  • 通信サービス
  • 玩具、ゲーム
  • 雑誌、書籍
  • 電気機器,通信機器
  • 広告,ビジネスコンサルティング
  • 美容、理容、医業
  • ASPサービス

多様なサービス

弊所は、通常の出願業務だけでなく、商標に関する様々なご相談に柔軟に対応します。

  • 拒絶理由通知書への対応・・・自社で行った出願について拒絶理由通知書が届いてお困りの場合、拒絶理由対応からの代理も行います。
  • 警告書への対応・・・商標を使用していたら、第三者から警告書が届いたため、それに対応することが必要な場合、適切な対応方法について検討し、回答書を作成します。
  • 出願・権利の移転・・・自社の出願・権利を他人に譲渡したい場合、特許庁に対して必要な手続を行います。
  • 商標の管理・・・以前の担当者が辞めていて社内の商標の整理が難しい、または古い権利がたくさんあって管理しきれない場合など、登録/出願商標の整理を行うことにより、社内のコスト削減をご提案いたします。
  • 出張セミナー・・・その他、必要に応じて、社内研修の講師もお受けします。ご相談下さい。

費用

プライムワークスは、お客様の大切な予算を最適活用するために、「コストパフォーマンスの最大化」を図ります。商標に関する戦略は、どのような商標を採用するか、商標をどのように使用していくか、商標の登録が必要かどうかなど、様々な観点から検討しなければならないため、プロならではの経験と知識が必要です。また、単に商標の「登録」をねらうだけでなく、登録に代わる戦略を検討すること必要となる場合もあります。

プライムワークスは、みなさまのご要望にお応えし、コストパフォーマンスの高いアウトプットを心がけています。費用のお見積もりは無料です。お気軽にご連絡下さい。

その他の詳しい情報は、プライムワークス商標専門サイトにてご覧いただけます。

※商標に関する出願のご依頼・その他のお問い合わせはこちら

このページの先頭へ