トピックス&ニュース

『知財訴訟の訴状・答弁書の書き方【集約版】』出版について

2014年10月8日

弊所弁護士の横井が執筆した、知財訴訟の訴状・答弁書の書き方【集約版】が山の手総合研究所から出版されました。

本書は、これに先立って刊行されていた2分冊の「知財訴訟の訴状・答弁書の書き方」を1冊にまとめ、コンパクトにしたものとなっております。
前書においては、弁理士の特定侵害訴訟代理業務試験(弁理士付記代理試験)の過去問を網羅的に掲載しておりましたが、本書においては、過去問の掲載を少数にとどめ、代わりに、本書1冊で特許権、意匠権、商標権の各侵害訴訟から不正競争行為による営業上の利益侵害に係る訴訟まで、訴状及び答弁書段階の主張すべき事項や手続を網羅的に解説しております。

前書と同様、本書が特定侵害訴訟代理業務試験を受験する弁理士のみならず、知的財産権侵害訴訟に携わる実務家、企業担当者、同訴訟を研究する司法修習生やロースクール生によって幅広く有用な書となっております。

このページの先頭へ